ガス検知器のことならどんなことでもご相談ください!基本知識/使い方/レンタル/販売/校正までご案内いたします。

ポイント ポイント ポイント

ガス検知.comは、ガス検知器専門の情報サイトです。

特集一覧

可燃性ガス 2016/07/14

可燃性ガスとは 可燃性ガスとは、空気中又は酸素中で燃えるガスのことです。 名称を特定された高圧ガスおよびその他のガスで次に該当するもの イ:爆発限界(空気と混合した爆発限界をいう)の下限が10%以下 ロ:爆発限界の上限と下限の差が20%以上 参考:(容器保安規則の第二条第一項29号より) 可燃性ガスの特長 空気中...

二酸化炭素中毒 2016/07/08

 二酸化炭素中毒について 二酸化炭素ほど適用領域が多様なガスは他にはほとんどなく、二酸化炭素への関心と需要は高まっています。 二酸化炭素は自体に害はありません。また少量では無害ですが、高濃度の二酸化炭素ガスでは中枢神経が麻痺し、 呼吸停止状態に陥り最終的には死に至ります。 また労働安全衛生法でも、中央管理方式の空気調和設備を設けている建築物では二酸化炭素濃度の 計測が義務付けられ...

二酸化炭素 2016/06/30

   二酸化炭素の性質 1個の炭素原子(C)と2個の酸素原子(O)から成る 無色・刺激臭(腐乱臭)の気体 比重: 1.53(空気よりも重い) 水に溶けやすい 支燃性はない。 (マグネシウム・ナトリウム等は二酸化炭素中でも激しく燃焼する。) 安定性が高く、通常の条件下ではいか...

一酸化炭素中毒 2016/06/23

 一酸化炭素中毒について 一酸化炭素中毒とは不完全燃焼等により、発生した一酸化炭素を含んだ空気を吸入した場合に起こる中毒です。 一酸化炭素は、血液に含まれる赤血球中のヘモグロビンと結合し、血液の酸素運搬能力を下げます。 そのため吸入した一酸化炭素の濃度が高くなると、一酸化炭素中毒が起きます。 その症状は濃度と吸入時間に大きく左右され、さまざまな症状を起こします。 参考:(職場...

一酸化炭素 2016/06/16

   一酸化炭素の性質 1個の炭素原子(C)と1個の酸素原子(O)から成る 無色・無臭の気体 比重:0.967(空気よりも軽い) 水には微溶(100mlの水に数mlが溶ける) 空気中で点火すれば青白い炎をあげて燃焼し、二酸化炭素となる。 燃焼(爆発)範囲:12.5~74 vol% 空気と容易に爆発性混合気体を作り、熱...


トップへ
戻る